部屋探しと平米数の関係

部屋探しの平米数とは

部屋探しで必ずでてくる、平米数とはなんでしょう。居室の広さは畳数ではなく、平米数で確認しましょうと、よく言われることですが、何のことだか分かりますか?部屋探しをこれからしようというあなたには、なんの事だかさっぱり分からないと思います。部屋探しをする人で、平米数だけで広さの感覚がつかめる方は、ほとんどいないと思います。

いや不動産会社に勤めていても分からない方もいるでしょう。問題ですが、、首都圏不動産公正取引協議会から出されている、不動産広告ルールでは1畳=1.62?と決められていて、部屋探しの雑誌等にもちゃんと記載されています。ということは、全体の平米数を1.62で割ると、全体の畳数が出るはずです。部屋探しでは非常に重要なので、実際に計算してみましょう。

例えば18平米あるとします。18÷1.62=約11。全体で11畳あり、そして部屋が6畳なら、残りの5畳の中にキッチン・風呂・トイレ、収納、玄関があります。部屋探し情報の中に、平米数の表示がなかったらどうしましょう。その時に使う式を紹介します。全体の畳数÷2×3.3=平米数で求められます。全体の畳数とは、部屋の畳数とバス・トイレ一緒なら、約1.5程度。

別々なら約2程度と、収納・1間(部屋探し雑誌・部屋探しサイトでは長方形のもの)なら1畳、半間(正方形のもの)なら0.5畳と、キッチン(広さの表示がなければ、2畳くらいでいいでしょう)と、玄関を足したものになります。