部屋探しマンションとアパート

部屋探しのマンションの意味

部屋探しでマンションとは、主に鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建物の総称です。なんてのは、不動産屋会社が部屋探しで分かりやすいように言っているだけです。実はマンションの名称は、規定で決まっているわけではありません。多くの人がそう呼んでいるにすぎません。

一軒家をマンションと言っても、木造二階建てのマンションでも、まったく問題ありません。部屋探しする時は気をつけましょう。木造や軽量鉄骨造の建物(二階建てまで)を、部屋探しではアパートといいます。これも名称に規定はありません。部屋探しでは、コーポやハイツというものもあります。アパートだと聞こえが悪く、ダサいのでコーポやハイツという名前にしているだけです。

どれも規定がないので、適当に付てるにすぎません。部屋探しで細かな説明をしているのは、最らしく聞こえるからです。アパート・コーポ・ハイツは同じと考えて構いません。マンションとアパートの違いは、単に名前の違いです。あえていうなら、マンションは3階建て以上で、木造以外の建物になります。部屋探しでそこまで詳しくなくても、問題はないですが、知識として確認しましょう。部屋探しで気になるところは、家賃の差でしょう。

築年数が同じであれば、マンションの方が高くなり1万円くらい差が出てきます。築年数に違いがあると、アパートの家賃の方が高い場合もあるので注意が必要です。